カテゴリー「☆駄文(笑)☆」の3件の記事

2009年9月30日 (水)

一時帰国 ~日本のラブホはスバラシイ!?(笑)~

2週間の一時帰国から戻って来て早3日が経ちました。


7月に帰った時にはとにかく友達との再会を優先して予定を目一杯詰めてしまい、
モーレツに忙しかったので、
今回はのんびりと実家で過ごす時間を大事にするように予定を組みましたhappy01


実家にいる間は専ら読書book
話題の「1Q84」(村上春樹)が丁度家にあったので
せっせと読んでいたのですが、
やはり時間が足りずに上巻しか読むことができませんでしたsweat02
上巻も、残り50ページのところで断念crying
惜しいっsweat01


今回、私は旦那より1週間早く帰国したのですが、
その理由は、以前住んでいたNYの田舎町でいつも一緒に騒いでいた仲間が
丁度同じ時期に一時帰国していたためでした。
旦那は会社の同僚の結婚式のため帰国を早めることができませんでしたが、
私はどうしても会いたくて先に帰って来てしまいました(笑)
相変わらずのあのノリ、、、久しぶりにめっちゃ笑いましたhappy02


小・中学校の頃からのジモティー2人のイメチェン大作戦ということで、
私チョイスのお店へ連れ回して着せ替え人形にしてみたりもしました(笑)note
無理に勧めちゃったりして、悪いことしちゃったかな~sign02
でも、2人とも、それぞれ足がとても綺麗だったり肌がとても白かったりと、
それぞれにとても良い点があったので、
是非ともそれを活かす服を着て欲しかったのですflair
隠してしまうなんて勿体ない><sweat01
せっかく女として生まれて来たんですものnote
彼女達も、思いきってこれから毎日ワクワクするようなオシャレを
楽しんでくれることを願っていますheart04


結婚してから急激に仲良くなった大学の友達とも語り合ったり。
日本にいる私の友達で結婚しているのは現在のところ3人だけweep
なので、主婦ならではの会話ができるという点で、
彼女達は私にとってとても貴重な存在です。
中でもその友達は大学からの付き合いshine
今はとても大変な時期を過ごしているようで、
話を聞きながら、ただ心配することしかしてあげられない自分をもどかしく思う一方で
人ごとではない焦りも感じました。
改めて自分の仕事を持っておくことの大切さを実感しました。


それから、私と旦那が出会ったインカレスキーサークルのメンバーでも集まりましたshine
私がどうしても昔懐かしのメンバーで集まりたかったので、
個別にお誘いすると、何とみんな来てくれて嬉しい限りでしたweep
嬉しすぎて、そのままオールに突入end
いやはや、やはりこの歳になるとオールはさすがにキツイですねwobbly
カラオケの最後の方はみんなほぼ寝ていて、
私も自分の眠気を覚ますために無理矢理歌っていた感じでした(笑)
何を歌ったかなど、もはや覚えておらず・・sweat02

そのサークルの何が好きかって、そのなんとも形容しがたい雰囲気です(笑)

後輩が、4つも学年が上の先輩に向かって
「ちょっとそこのハゲ、僕のカバンを取って下さい。」
とか言うサークル、他にありますか(笑)?
その先輩もニコニコしながらそのカバンを床に投げ捨ててしまうワケですが。
そんなしょーもないやり取りを見ているのがたまらなく好きです(笑)

そして、今回の帰国で一番印象に残ったこと、、

それは。。

日本のラブホはスバラシイということです(笑)sign03

「ラブホ」というと、「いやらしい」とか、「下品」とか「遊んでる奴が行く所」とか、
マイナスイメージを持たれる方が多いと思いますが、
実はラブホって本当に素晴らしい施設なんです。


・広~い部屋にジャグジー付きの綺麗なお風呂。

・シャンプー&トリートメントはかなりいい物が置いてある。

・化粧水・美容液・乳液・ヘアトリートメント等完備。
(DHCの使いきりタイプであることが多い)

・大~きなプラズマテレビetc.etc...


まあとにかく、イメージさえ気にしなければ、
私は下手な高級ホテルよりも居心地が良いので好きだったりします(笑)
高級ホテルも、ラブホほどゆったりしたお風呂があるところは
少ないですしねwink
最近では女友達と旅行に行った時に使った、なんて話も聞きます^^;
(私はさすがにそれはしませんが・・・)


とまあ、上記はあくまで機能的な面のお話。


で。

今回の一時帰国では、私も旦那もそれぞれの実家で過ごしていました(週末婚!?)。
なので、せっかく日本に帰って来たから、
1日くらい、2人だけでどこかに1泊しようかと話していたところ、
やっぱりリーゾナブルかつ綺麗だという点からラブホにしようということに。

さて。ここからが不思議。

もう夫婦なので後ろめたいことなど何もないはずなのに、
何故かホテルに向かう道中、もの凄い罪悪感に駆られ始めたんです(笑)。
(うわ~帰ったら両親に何て言い訳しよう~sweat01)みたいな^^;
どうやら旦那も同じらしく(笑)。
もう一年以上一緒に暮らしているのに、何故かホテルに向かう途中から
2人共やたらと緊張し始めたんですよね~coldsweats01

おかげで、私も旦那も一気に「夫婦」から「恋人同士」の感覚に戻ってしまい、
なんだか新鮮な気分になることができましたshine

これぞ正しく「ラブホ効果」というヤツでしょうか(笑)?
悪いイメージだからこそ、入る時に何だか罪悪感を感じる。
その罪悪感によって恋心が燃え上がるimpact
例え夫婦でも(笑)。

どうぞ、「最近、お互い空気化してきたなぁ」という方は、
ご夫婦で罪悪感を感じに行かれてみてはいかがでしょうか(笑)?

ちなみに、ホテルもピンからキリまであり、
キリのホテルは、昔の学生寮を改良したようなひどい物だったりするので
気をつけて下さいねdanger

私のお気に入りは↓ですnote(アメニティが充実していますwink

HOTEL STELLATE(ホテル ステラート)
東京都新宿区歌舞伎町2-11-1
Hotelpicture


以上、2週間の一時帰国レポートでした~shine


※ ブログ村のランキングに参加しています☆
  1日1クリックで応援よろしくお願いしますO(≧∇≦)O↓ 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村


※ ↓ついでにこちらもポチッと^^♪
 (新設の海外ブログ専用検索サイト様からご招待いただきました♪)

北米在住の日本人によるブログ


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

| | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

安い!広い!美味しい!CAが綺麗で優しい❤コリアン航空♪

昨日からまたまた日本に一時帰国しておりますcoldsweats01
7月にも一時帰国したばかりなのですが、
丁度今月で渡米してから一年になり、
買い溜めしておいた化粧水や化粧品等もろもろが無くなってしまったので
その買出しも兼ねてまた日本に帰って来た次第です^^

前回nwa(ノースウェスト航空)を使ってひどい目に遭わされた私

それ以前にもUSエアウェイズにもさらにひどい目に遭わされたので、
もう二度とアメリカの航空会社は使うまいと決心し、
今回はKorean Airline(大韓航空)を使ってみました。

渡米してから沢山の韓国人の方とお会いし、
私は韓国が大好きになりましたhappy01
コリアン航空はJALやANAよりもずっと安かったのですが、
きっとサービスはアメリカの航空会社に比べたら良いだろうと
期待してのことでした。


それが、、大正解sign03
何が良かったかを箇条書きにしてみます。

1.LAX(ロサンゼルス空港)のターミナルがトム・ブラッドレー国際ターミナルである

2.空港の地上係員が綺麗で親切で優しい(*´∀`*)heart02

3.エコノミークラスのシートが広いshine

4.機内食が美味しいheart04

5.CAが美しくて親切で優しくて日本が通じる(*´∀`*)heart02

6.安いsign03

まずは1。

LAXには9つものターミナルがあるのですが、
その中で日本との往復便が出ているのはターミナル4、5、6と
「トム・ブラッドレー国際ターミナル(Tom Bradley International Terminal)」です。

ターミナル4はアメリカン航空、

ターミナル5はnwa&Delta航空、

ターミナル6はユナイテッド航空、

そしてトム・ブラッドレーは米系の航空会社以外の全ての航空会社が離発着します。
なのでANAやJALもトム・ブラッドレー国際ターミナルになります。

前回はDeltaとの共同便のnwa航空を使ったので
ターミナル5だったワケですが・・・これが最悪なのですdown

とにかくマトモな施設が全くと言ってナシ!
見送りに来た人とセキュリティチェックまでの時間まで
お茶をしようとしても、どこにも何もありません。

しかも、中に入ってもレストランの少ないことsweat02
あってもファーストフードばかりで、小腹が空いたら
デロデロの脂っこいサンドイッチかシナモンロールぐらいしか
食べるものがありません。

(お土産を買い忘れたshock)と思っても、
気のきいたお土産物ショップなど見当たらず、
ショボイDuty Freeショップがありましたが
私が行った時には営業しておらず。

空港係員はみな不親切でサービスカウンターには人がいない。

とにかく建物自体が不親切の塊。
居心地が悪いと言ったらありませんでした。


それに引き換え、今回のトム・ブラッドレー国際ターミナルは・・・

入った途端、成田と同じような作りのチェックインカウンターに、
奥にはアジアンフードのお見せがズラリ☆
ちゃんと見送りの人と食事やお茶ができる施設が整っているし、
ゲートの前にもDUTY FREEショップがあり、
買い物ができるようになっていてとても華やかcherryblossom

セキュリティチェックを受けた後にももちろん色々なお店があり、
搭乗まで時間を潰せるようになっていましたshine

何から何まで不安を掻き立てられる米系航空会社の
殺風景なターミナルとは正に天と地ほどの差sign03

これだけでもテンション上がりまくりですupup

次に、2。

コリアン航空の地上係員は日系とほとんど変わりがありませんhappy01
綺麗だし、優しいし、対応がとても親切ですconfident

飛行機の座席も、「窓際がよろしいですか?」ときちんと聞いてくれます。

アメリカの地上係員なんか、こちらに要望も聞きもせず
勝手にチケットを出してきて、こっちが席の指定をしたいと言っても
「席の指定はできない。」とつっけんどんに言い放たれるだけsnow

さらに、私は一度「はい、窓際で。」と言ってしまった後に
(あ、やっぱりトイレのことを考えたら通路の方が・・!)と考え、
「すみません、やっぱり通路側でお願いできますか?」と聞くと、
一度発行してしまったチケットを破り、もう一度手続をし直して
通路側の席のチケットを発行してくれました(T-T)

これがアメリカだったら
「はあ?フザケんな。」と一蹴されて終わり。。

この一年、アメリカの航空会社ばかり使って来たので、
これだけで私は猛烈に感動してしまいましたcrying


そして、3。

普通、航空会社のエコノミーシートは

3 4 3

という並びですが、コリアン航空は

2 5 2

なのですshine

1席分広くなるだけで大分違いますflair
今までは、満足に両手をくつろいで下ろすことができず、
終始肩をすぼめて縮こまっていないと隣の人と肘が当たってしまいましたが、
今回はゆったりと座ることができたのですshine
前後のスペースも、こころなしか広かったように感じますclover

4。

機内食はビビンパでしたheart02
韓国製のパックご飯を、どんぶりに入っているナムルに入れて
自分で混ぜて食べるのですが、これが結構美味しいのですdelicious
付け合わせのピクルスの漬物も、韓国風の味付けにしてあったので
中々グーでしたtulip

それと、2食の間に、起きている人だけに
温かいパンを配ってくれるのですが、
このパンは中に挽肉のあんが入っているピロシキのようなパンで、
これがまた美味しかったですheart04

それに、ワインなどのお酒も無料ですよ~shine

5。

日本人のCAは4名しかいなかったのですが、
韓国人のCAもほぼ全員日本語がペラペラ。
よく聞かなければ日本人だか韓国人だか分からないくらいでした。

それに、、美女ばかり・・・(*´∀`*)heart02
私も女なのですが、やっぱりCAはでっぷり肥った怖いオバサンなんかよりも
綺麗で優しいお姉さんの方が嬉しいに決まっていますsmile

6。

今まで挙げてきたように、
日系に引けを取らないサービスの良さなのにも関わらず、
断然安いのですsign03

とまあ、まさにいいことづくしではありませんかsign03
今までガマンしてアメリカの航空会社使ってたのがバカみたい。

コリアン航空のおかげで、今までの中で一番快適な空の旅を
するこができましたshine

でも、、、


私にとって本当に感動するほど有難かったこの空の旅。

他の日本からの旅行客は全てのサービスをさも当然のような顔をして
乗っていましたが、
是非彼らにも一度、アメリカの航空会社を体験してみて欲しいと思いました。

そうすれば、いかにコリアンや日系、シンガポールなどの航空会社が
有難いかを実感することができると思いますので。。。

※ ブログ村のランキングに参加しています☆
  1日1クリックで応援よろしくお願いしますO(≧∇≦)O↓ 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村


※ ↓ついでにこちらもポチッと^^♪
 (新設の海外ブログ専用検索サイト様からご招待いただきました♪)

北米在住の日本人によるブログ


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


| | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

日本とアメリカの航空会社、それぞれの良い点悪い点

はい、実は昨日、日本に到着しましたcatface
これより来週の金曜日まで、一時帰国です^^

私は湿気が大嫌いで、日本のジメジメした空気を覚悟していたのですが、
案外、この湿気がお肌を潤してくれていいなぁなんて思っています(笑)。
お風呂上りに、L.Aでは速攻で体中にローションを塗らないとカサカサになってしまいますが、
日本ではローション要らずですね♪


さて、昨日はリーゾナブルなノースウェスト航空で帰国したのですが、
えらい目に遭わされましたcrying
USエアウェイズの件といい、どうも今年は飛行機運がひどく悪いようです。。

航空券はL.AのH.I.Sで取りました。
空港へは、送迎シャトルを使って。
旦那は一週間の研修先であるシカゴへ、私は国際線へ。
シャトル内でお別れです。

H.I.Sから送られてきた案内には「ターミナル2」と記載されていましたが、
降ろされそうになったのは「ターミナル5」。

「あの、ノースウェストはターミナル2なんですが!?」

と聞くと、

「ああ、先週の月曜日からこっちに移ったんだよ。」

と運ちゃん。

えぇsign02そんなこと有り得るの!??

半信半疑ながらも、降ろされてしまったので、
とりあえず中に入ってみます。

が、中は見渡す限りデルタ航空のカウンター。
不安になってダンボール入りのペットボトルの水を運んでいる
係員っぽい兄ちゃんにノースウェストのカウンターはどこか尋ねてみると、

「ああ、もっとあっちへず~~~っと歩いて行って右手だよ。」

と教えられ、PC入りの重いカバンを担いぎながら大~きなスーツケースを引きずり、
言われた通りの方向へ。

ところが、行けども行けどもノースウェストのカウンターは見当たらず、
とうとう行き止まりに。

あの水運び男、デタラメ教えくさって~~poutannoy

再び元の場所へ引き返す私。
前方に先ほどの水運び男の姿が。

怒って乱暴にスーツケースを振り回しながらどすどすと近づいてくる私に
恐れをなしたのか、
男は私の姿を見つけると、その場に水を乗せたカートを放置して
何食わぬ顔でタバコを吸うフリをして外に出ていきました。

・・・あいつめ。。。


その後、外で案内をしているデルタ航空の係員の人に聞いてみると、

「あぁ、ノースウェストは今セルフチェックインしかできないんだよ。
 荷物はその後預けるんだ。」

何ですと!?

カウンターが無くてセルフチェックインしかできない航空会社など、
聞いたことがありません。

セルフチェックインのPCの前にいる係員のお姉さんに手伝ってもらい、
何とか無事チェックイン。
お姉さんに教えられた通り、荷物のチェックインはデルタ航空の列に並びます。
不安は募るばかり。。。sweat02

カウンター後ろには、デルタ、エールフランス、オランダ航空のロゴが
大きく並んでいるのですが、
この時に初めて、その下に豆みたいな小さい文字で

"now serving nwa"

と書いてあるのに気が付きました。

ノースウェストのロゴが「nwa」だということも、この時初めて知ったのですが。


何とか荷物も無事チェックインが終わると、
セルフチェックイン時に発見されたペラペラのチケットに記載されたゲートへ。

ゲートは「68B」。


ゲートの前まで行き、
最寄りの出発便の案内が表示されている電光掲示板で
出発便の確認をしようとしてみると、
何と、どこにも「nwa 成田行き」が無い。
表示されているのはユナイテッド航空の便のみ。

よくよくチケットを見てみると、

フライトナンバー不明という記載が

なんじゃこりゃー(ノ`A´)ノ ⌒┫annoy

サービスカウンターでの地上係員を捕まえて
どういうことか問い詰めようとしましたが、
サービスカウンターはいつまで経っても無人。。。
68Bゲートの案内板にも何の文字も現れていません。

ただ、ゲートの先っちょにはボーイング747型の
大きなジャンボがいたので、
一応搭乗開始時間までゲート前で様子を見ることにしました。
(旦那のフライトに合わせて到着したので、時間はたっぷりありました)

すると、搭乗開始一時間前に、68Bゲートの案内板に

「Tokyo Narita 1:20pm」

と表示が出たのでホッと一安心。

しかし、デルタ航空専用と思われるこの搭乗コーナー。
ノースウェストとは一言も記載されていません。

それから待つこと一時間。
12時25分に搭乗が開始。
私は後ろの方の席だったので周りよりも早く搭乗しました。

席に付くなり、前のシートポケットに差しこんであった
フライト情報の雑誌を手に取ってパラパラと読んでみると、

「デルタ航空とノースウェスト航空は2008年2月に合併いたしました」

・・・知らなかったorz


しかし、H.I.Sは大手旅行者のクセに不親切だと思いませんかsign02
ターミナルが変更になった点も、
送迎シャトルの運ちゃんが知らなかったら大変なことになっていましたし、
「デルタ航空との共同便、機材はデルタ」と一言記載してくれていれば
こんなに戸惑うことはありませんでしたdash
ターミナル移動などと言う大事を、客に知らせないなんて
そんな生ぬるい営業をしていて良いのでしょうか。
日本の会社のクセに、不親切極まりないannoy


そんなこんなで搭乗が始まってから約一時間。
機内には「当機はあと5分で出発いたします。」と放送が流れました。

が、フライト予定時刻の1:20になっても一向に動き出す気配はありません。
10分経っても、20分経っても。。。

そのうち、機内が異様に暑いことに気が付きました。
隣に座っていた日本人の兄ちゃんが

「このままじゃ倒れる人が出てくるんじゃないか」

と言いました。

同感。。。

すると、

「皆さま。当機は整備が必要な箇所が見つかりましたので、
 現在、整備士が整備しております。
 この作業には15分~20分ほど必要となります。
 ご出発までいましばらくお待ちください。」

という機内アナウンスが流れました。

整備な必要な個所って・・・
こんな出発間際になって・・・sweat02

その間に左隣の日本人の兄ちゃんと話していました。
彼はらラスベガスで行われていたポーカー大会に参加している友人の
応援に、友達3人と共に2週間ラスベガスに滞在していたそう。
ポーカー大会は、エントリーするだけで何と一人100万sign03
上位500位まで賞金が出るらしく、
1位はン億円、500位でも1000万はもらえるそうですcoldsweats02

「1位になったら誰かに殺されそうですね。」

と私が言うと、

「かと言って、目立たないようにすることもできないんだよね~。
 出場する前に『優勝した際にはメディアの露出を拒まない』っていう
 誓約書書かされるもん。」

ということです。
しかし、「500位」まで賞金がもらえるということは、
一体世界中から何人の魑魅魍魎が集まってくるのでしょうかね?
私の隣に座っていた彼も、来年は応募したいと言っていました。

エントリー料100万ですよsign02
株式投資に使った方が、まだマシ。。。

それから一時間ほど、ウトウトと睡魔に襲われました。
目が覚めて見ると、まだ動いていない飛行機。
どうやら整備に相当時間がかかっているようです。

機内の温度はもはや蒸し風呂sweat02
私も起きた時には汗をかいていました。
ここで、アテンダントから水が配られました。

その後は、整備に時間がかかっておりますだの、
簡易型のエアコンを取り付けたので、
機内温度を下げるために左側の窓を閉めて下さいだのと言われ、
機内は真っ暗に。

また30分くらい経過して、

「みなさま、ただいま最終の書類を作成しております。
 書類が作成でき次第、離陸いたします。
 ご出発が遅れましたことを深くお詫びいたします。」

と機内放送が。


ああ、1時間半遅れでようやく出発か。
17時半成田発のリムジンバスは間に合わないな。。。

などと考えていると、右座席の乗客からどよめきが起こりました。
私は真中4人席の列の右から2番目に座っていたので
窓が全く見えません。

それでも他の人の頭越しに窓の外を見てみると、
わが目を疑う光景がthunder

ぷしゅわ~~~~

と、

何か

が右翼の後方から勢いよく噴き出しているではありませんかshocksign03


間もなくして再び機内アナウンスが流れます。

「皆様、当機は長時間炎天下の下に駐機していたため、
 燃料タンク内の燃料が膨張し、漏れているとの情報が入りましたので
 ただいま緊急措置を施しております。
 この作業には15~20分かかる予定です。」


もうヤダこの飛行機降りたいcrying

乗客が不安そうに見守る中、右翼の周りで慌ただしく作業する作業員。
何とか噴出が止まったらしく、実に登場から4時間後の16時30分、
ようやく滑走路へ向かいます。

いよいよ次がうちの飛行機が飛び立つ番、
というところで再び右側の乗客から小さな悲鳴やどよめきが。

私の右側に座っていた台湾人の男も、

「Oh my gash!」

と叫びました。

見ると、また勢いよく右翼から燃料が噴出しているではありませんか!!
幸い、翼の端の方だったのでエンジンにはかかっていないようですが、
これが万が一風向きが変わってエンジンに引火したら・・・shock

でもそのまま助走を開始してしまったんですねsign01

隣の台湾人は念仏を唱えるように右手の平に力を込めて祈っていました。


乗客全員がハラハラと見守る中、
飛行機は無事高度13000mに達し、
燃料温度が下がったのか、噴出も止まりました。

安心しきったところで睡魔に襲われ、またしばらく睡眠sleepy


食事の後はしばらく寝つけませんでした。
というのも、右隣りの台湾人の男、
通路側に肘を付きゃあいいのに、何故か私側に肘を突き、
寄りかかっているんですよ。
何でこう気が利かないんでしょうかね、こういうタイプの男って。

この男、私が決めたカテゴリでは「なすび型」に入るのですが、
その特徴としては

1.輪郭がなすび型
2.メガネ
3.眼は小さく、アゴは少ししゃくれ気味
4.服のセンスは最悪。ちなみにこの男は上下ともに薄い色のデニム生地。
5.体格はどちらかというと太り気味で身長も高め。
6.人慣れしていないせいか、話す時に言葉より先に
 人差し指&中指&親指をピッと立てるクセがある。
7.変なところはヤケに親切で、肝心なところで空気を読めない。
 例)私が靴を履くとトイレだとすぐに気が付いて避ける態勢をしてくれるのに、
   スペースの広い通路側に肘を置かずに、
   わざわざ私側の肘置きにもたれ、さらに頭もめっちゃ近くまで寄って来る。
   私が嫌なことをアピールするためにもぞもぞしても気づく気配ナシ。


そんな感じで私の中での不快指数はどんどんと上昇。
挙句の果てにイビキまでかき始めてくれたもんだから、
もうたまりません。


気をそらすために前の方に座ってざわついている
学生達の方を見ていると、
夕食後の就寝タイム中にも断続的にCAさんに飲み物を頼んでいる様子。

ここで面白かったのが、何度か呼び脱された
金髪のボブヘアにメガネをかけた美人のCAさんが

“OK. Anybody who wants something to drink, put your hands up!!”

と、まるで学校の先生さながらに声をかけたことです(笑)。
そして、学校の先生に「手をあげなさい」と言われた生徒の如く、
パラパラと手を挙げる生徒達。。。

他にも、日本人のCAと外国人CAの乗客への対応の仕方の大きな違いを
感じました。

日本人のCAが

「シートベルトをお締め下さい。」

と言ってるのに対し、外国人のCAのセリフを直訳すると

「シートベルト!そこ!!シートベルト締めて!!
 ちょっとそこ!机を上げなさい!
 シートを前に引き戻してって何度も言ってるでしょ!
 ちょっと聞いてるの!?あなたに言ってるのよ!!!」

こんな感じcoldsweats01

ちょっと怖くて日本人のおじさんツアーの方々は

「怖ぇ。。。」

と呟いていましたが、私は時にはこんな強い態度で出られる
CAさんも一人ぐらいは乗っていて欲しいものだと思いましたね。

というのも、昨年ANAでイギリスに行った時、
後ろにやたらと姦しいヒスパニック系の中年オバサンと
その娘達が乗っていたのですが、
まあ、大声でしゃべるわしゃべるわ・・・sweat02
おまけに席を何度も立ったり座ったりと落ち着かず、
巨漢の体を立たせるのにいちいち座席に捕まるものだから、
その度に私の髪の毛が引っ張られ、なんども激痛に見舞われ、
さらに両足を前の座席にむんずと置いてくる行儀の悪さsweat02

たまりかねてCAさんに注意するようにお願いしたのですが、
日本のCAは強く言うことができず、
結局何も改善されませんでしたcrying

これが、あの外国人のCAだったら

「アンタ達、周りの乗客が寝てるの分からないの!?
 静かにしなさい!!」

と怒鳴ってくれるでしょうに。。。


おかげで、帰りの機内は学生だらけのツアーだった割には静かで
落ち着いていました。

アメリカの航空会社にもいい所もあるんだな~、
と、思ってみた瞬間でした(笑)。

かと言ってまたノースウェストを使う気になるかと言えばNOですが(笑)。


※ ブログ村のランキングに参加しています☆
  1日1クリックで応援よろしくお願いしますO(≧∇≦)O↓ 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村


※ ↓ついでにこちらもポチッと^^♪
 (新設の海外ブログ専用検索サイト様からご招待いただきました♪)

北米在住の日本人によるブログ


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

| | トラックバック (0)